住宅用火災警報器【設置済シール】について

【設置済シール 縦5�×横6�】
【設置済シール 縦5cm×横6cm】

 
  平成23年6月1日から、住宅用火災警報器を寝室などに取り付けることが義務となっています。
  町消防本部では、住宅用火災警報器を火災予防条例の基準どおり取り付けている世帯を対象に【住宅用火災警報器 設置済シール】を希望者へ無料で交付しています。

住宅用火災警報器【設置済シール】の主な効果

消太

  1. 設置済シールを玄関先などの目立つ場所に貼ることにより、悪質訪問業者の訪問を抑制する効果が期待できます。
  2. 住宅用火災警報器を設置していることを近隣にアピールすることで、地域全体への住宅用火災警報器の普及と防火意識の向上につながります。
  3. 近隣住民が設置済シールと警報音を確認することにより、火災の早期発見及び迅速な活動が期待できます。

申請方法

  消防本部消防総務課予防係、湯本分署、仙石原分遣所及び箱根分遣所に申請書等を持参してください。
  この際に、住宅用火災警報器の設置状況を写真などで確認させていただきます。確認後にその場で【設置済シール】を交付いたします。
  なお、自治会などで取りまとめて申請することもできますので、お気軽にお問い合わせください。

 ※ 受付日時等:9時から16時30分
   (ただし、消防総務課予防係の受付については、土、日及び祝日を除く。)

【申請書】

  申請書は、下記からダウンロードできるほか、消防本部消防総務課予防係、湯本分署、仙石原分遣所、箱根分遣所、役場2階町民係及び各出張所にあります。
 

その他

ご注意!
  消防職員や町職員が、住宅用火災警報器をはじめとする防災機器を直接販売したり、特定の業者に販売を依頼することはありませんので、ご注意ください。

◆ 住宅用火災警報器について ◆