災害対策基本法の改正により、令和3年5月20日から、台風や大雨により災害の発生の恐れがある際に発令される避難情報の名称・基準が変更されました。

 変更後の名称は次のとおりです。

警戒レベル 新たな避難情報の名称 発令
5 緊急安全確保
警戒レベル4までに必ず避難しましょう!
4 避難指示
3 高齢者等避難
2 大雨・洪水注意報 気象庁
1 早期注意情報 気象庁

 

 警戒レベル5 緊急安全確保 (災害発生情報から変更されました。)

  すでに災害が発生している、または切迫している状況です。安全な非難ができず、命の危険がありますので、直ちに安全の確保をしてください。

 警戒レベル4 避難指示 (避難勧告と避難指示が一本化しました。)

  災害の発生する恐れが高い状況です。危険な場所から全員避難してください。

 警戒レベル3 高齢者等避難(避難準備・高齢者等避難開始から変更されました)

  災害が発生する恐れがある状況です。高齢者や障がい者、避難に時間を要する方は危険な場所から早めに避難してください。

 警戒レベル2 大雨・洪水注意報(変更はありません)

 避難行動に備えましょう。

 警戒レベル1 早期注意情報(変更はありません)

 災害への心構えを高めましょう。

 

 警戒レベル3以上の避難情報については、防災行政無線の他、町ホームページ、TVKデータ放送、登録制メールマガジン、ツイッターでお知らせします。