令和3年9月29日任期満了に伴う箱根町議会議員選挙を次のとおり執行します。

【選挙期日】
 
令和3年9月12日(日曜日)

【選挙期日の告示日】
 令和3年9月7日(火曜日)

 

公職選挙法の一部改正について

 公職選挙法の一部を改正する法律が令和2年6月12日に公布され、同年12月12日に施行されました。
 これにより、選挙運動等に関して次のとおり変更となります。

選挙運動用ビラの頒布の解禁

 町村議会議員選挙において、選挙運動用ビラの頒布ができるようになりました。
 頒布可能枚数は、2種類以内、1,600枚までとなります。(2種類合計で1,600枚まで)

 ※町村長選挙においては、すでに2種類以内、5,000枚まで認められています。

供託金制度の導入

 町村議会議員選挙において、供託金制度が導入されました。
 立候補をする際に、15万円の供託が必要となります。
 供託物没収点については、「有効投票総数÷議員定数×10分の1」となります。

 ※町村長選挙においては、すでに50万円の供託金制度があります。
  供託物没収点は「有効投票総数×10分の1」です。

選挙公営の拡大

 町村議会議員及び町村長選挙において、次の選挙運動費用について公費負担ができるようになりました。
 なお、公費負担額等については、各町村が条例により定めることとなっています。

  1. 選挙運動用自動車の使用に係る費用
  2. 選挙運動用ビラの作成に係る費用
  3. 選挙運動用ポスターの作成に係る費用

 ※選挙公営制度の詳細は、こちらをご覧ください。