公開請求に対する決定に不服がある場合は、実施機関に対して不服申立てをすることができます。
不服申立てを受けた実施機関は、学識経験者などにより構成される公正・中立な第三者機関である「箱根町情報公開・個人情報保護審査会」に意見を求め、その意見を最大限尊重して、不服申立てに対する決定を行います。