現在、町では固定資産税の超過課税を実施し、貴重な財源として活用させていただいておりますが、町の取組状況等について町外の方々に知っていただく機会が少ないことから、平成28年度より、固定資産税の納税義務者の方々に対して行財政改革等の取組みをお知らせする文書を郵送しています。
 平成29年度に行った中長期財政見通しでは、今後、さらに厳しい財政状況が続く見通しですが、改定した箱根町行財政改革アクションプランを基に、より一層の行財政改革の推進に努めてまいりますので、今後とも、町政に対しましてご理解・ご協力のほどお願いいたします。

 

平成29年度

 平成30年3月に、町の財政状況の見通しや今後の行財政改革の取組みと財源不足額への対応のほか、箱根町行財政運営を考える町民会議から提出いただいた提言書の概要版、箱根町空き家バンク制度のご案内を郵送しました。

 

 

平成28年度

 平成29年1月に、平成27,28年度の箱根町行財政改革アクションプランの主な成果と取組みによる財源不足への対応のほか、箱根町空き家バンク制度のご案内を郵送しました。