仙石原まちづくりプラットフォームとは

 町では、仙石原において地域の活性化を目的とした「まちづくり」を進めていこうと考えています。そこで、町民の皆さまや各種事業者、有識者等の方々といった民間の方々に積極的にかかっていただくため、行政と民間の協議の場として『仙石原まちづくりプラットフォーム』を創設します。

 仙石原まちづくりプラットフォームにおいて、まちづくりに係る諸課題に対し、参加者間で協議・連携しながら取り組んでいくことで、今後の仙石原におけるまちづくりをけん引できるような組織にしていきたいと考えています。

 

※「プラットフォーム」とは

 まちづくりや公共施設の利活用といった課題に対し、行政と民間が対等の立場で連携して取り組むことで効率的な解決を目指す組織として、全国各地で創設が進められています。

 近隣では松田町において創設されており、町営住宅の整備や町有地の利活用といった事業が進められています。

 

予定議題について

1 仙石原の将来像

 仙石原は、町内で最も多くの町民が居住し、多数の観光施設や自然資源が位置する地域です。

 地域の魅力を向上させ、活性化に繋げるための将来像を検討します。

 

2 空き店舗等の利活用

 地域の活性化に向けて、空き店舗や空き家の利活用方法を検討します。

 

3 仙石原バスターミナル構想

 仙石原バスターミナル構想は、小田急箱根グループが仙石原交差点付近において構想しているバスターミナル整備計画です。

 地域の将来像を踏まえながら、整備内容を検討します。

 

4 仙石原公園の利活用

 仙石原地域の中心部に位置する仙石原公園は、広場や様々な遊具、温泉施設等を有する公園です。

 地域の活性化に向けて、今後のあり方や利活用方法を検討します。

 

参加者について

 仙石原の将来に興味がある、若しくは仙石原で新たに事業を始めたいと考えている方は、個人、団体を問わずぜひご参加ください。

 なお、会場準備の都合がありますので、参加を希望される方は、下記担当までご連絡ください。

 

開催予定

第2回会議

 ・平成30年10月予定

 ※日時や議題等が決定し次第、本ページにてご案内します。

 

開催結果

 ・第1回会議(平成30年8月2日開催)