1. 地籍調査とは

現在の土地情報は、法務局に備え付けの登記簿と公図によって管理されています。これらの情報は明治時代初期の調査記録を基礎としたものが多く、面積等が不明確であるため、土地所有者との境界や土地の売買などにおいて支障をきたす場合があります。

地籍調査はこのような状況を改善するため、国土調査法に基づき、土地の基礎的な情報である正しい位置や形、地目、面積などを調査・測量し、効率的な土地行政運営の基礎資料とするとともに、住民の土地を保全することを目的として行うものです。

2. 箱根町が行う地籍調査について

箱根町は平成30年度から地籍調査に着手しています。

町が行っている地籍調査は、道路や水路等の官有地と民有地との境界を決める、官民境界等先行調査です。

調査地域内に土地を所有されている方には、現地立会い等をお願いすることがあります。ご協力をお願いいたします。

3.その他

地籍調査に関する詳しい内容については、国土交通省による地籍調査Webサイトをご覧ください。

 

関連リンク