9月3日、箱根苑地を中央会場として、総合防災訓練が行われました。
 大地震発生を想定し、避難路やライフラインの確保、救助、炊飯などのさまざまな訓練に、地元住民や関連企業などが参加しました。
 大地震やその他の災害にいつ見舞われてもおかしくありません。そのことを肝に銘じておくことは大切です。
 こうした訓練を機に、避難経路や避難場所、連絡方法などについて家族間で確認しておきましょう。
 
  水幕展張の向こうに避難路を確保

水幕展張の向こうに避難路を確保

仮設歩道橋設置の様子 あっという間に完成しました

仮設歩道橋設置の様子 あっという間に完成しました

帰宅困難者を想定して 観光船から徒歩で到着 

帰宅困難者を想定して 観光船から徒歩で到着 

日頃の訓練から息を合わせて 捜索の際は人が入れないような場所にも

日頃の訓練から息を合わせて 捜索の際は人が入れないような場所にも

女性会の皆さんと町職員による炊飯訓練

女性会の皆さんと町職員による炊飯訓練

自衛隊による救出活動の様子

自衛隊による救出活動の様子

AEDの実技 使用する際は対象者から離れます

AEDの実技 使用する際は対象者から離れます

起震車では立てないほどの揺れを体感

起震車では立てないほどの揺れを体感

重要なライフラインの確保

重要なライフラインの確保

溺れている人をヘリで救出

溺れている人をヘリで救出

消防団による放水訓練で終了

消防団による放水訓練で終了