設置目的

 箱根町では、厳しい財政状況が続くなか、これまで5次にわたり行政改革大綱を策定し、行政改革を推進してきましたが、超高齢化・人口減少社会の到来や地方分権改革の進展など、本町を取り巻く社会経済情勢は大きく変化しており、安定した行財政運営を行っていくためには、さらなる行財政改革に取り組んでいく必要があります。
 そこで、今後の行財政改革の推進にあたり、行財政改革に優れた識見を有する者により必要な事項について調査審議するため、『箱根町行財政改革有識者会議』を設置しています。

 

 会議開催状況