犬の登録について

生まれてから91日以上の飼い犬について、登録を申請して鑑札をつけることが義務づけられています。登録は1回行えば、生涯にわたり有効となります。
なお、生まれてから91日以上の飼い犬については、毎年1回、狂犬病予防注射が義務づけられています。狂犬病とは、人間と動物に共通する恐ろしい病気です。予防注射は動物病院もしくは町が実施している集合注射(毎年5月頃、町内を巡回して予防注射を実施)で受けることができますので、必ず受けてください。なお、動物病院等で注射を受けると注射済証明書が発行されますので、環境課または各出張所窓口にて注射済票の交付申請をしてください。病気、ワクチンアレルギー等により、当該年度内に注射ができないと思われる場合は、獣医師にご相談ください。注射免除には獣医師が発行する注射猶予証明書の窓口への届出が必要になります。
 

また、登録の内容について次のような変更が生じたときは、届出が必要になります。

  • 飼い犬が、死亡したとき
  • 飼い犬の所有者、所在地が変わったとき
  • 鑑札、注射済票を紛失したとき
手続きの種類 必要なもの
新規登録(はじめての登録・鑑札の交付) 手数料 3,000円
注射済票の交付 注射済証明書・手数料 550円
愛犬手帳
飼い犬が死亡したとき 犬の鑑札・注射済票
犬の鑑札を紛失したとき 手数料 1,600円・愛犬手帳
注射済票を紛失したとき 手数料 340円・愛犬手帳
飼い犬の所有者、所在地が変わったとき 犬の鑑札

※盲導犬・介助犬・聴導犬については、登録義務はありますが、手数料はかかりません。(注射代の実費は除く) 

 

令和2年度狂犬病予防集合注射について

※令和2年度狂犬病予防集合注射は、無事終了いたしました。ご協力いただきありがとうございました。

 なお、今年度の狂犬病予防注射につきましては、新型コロナウイルスの影響により、接種期間が令和2年12月末日までとなっております。未接種の方につきましては、動物病院での接種をお願いいたします。