日本では、近年の平均寿命の伸びや少子化によって高齢者の割合が増え続けており、それに伴い、介護を必要とする高齢者が増加しています。
一方で、介護をする人も高齢になり、核家族化や女性の社会進出なども伴って、家族だけで介護をすることは難しくなっています。

介護保険制度は、このような状況を踏まえ、介護を家族だけでなく社会全体で支え合うため、平成12年に始まりました。制度の運営は保険者である市町村が行い、国、県、市町村および各医療保険制度が財政面や事務面から支援します。