~箱根町内に空き家等をお持ちの方~

  箱根町空き家バンクに登録しませんか?

箱根町空き家バンクについて

 町内の空き家等を有効活用して、地域の活性化と定住の促進を図るために「箱根町空き家バンク」を創設しました。

 空き家等を売りたい人、借りたい人はぜひご相談ください。

 「箱根町空き家バンク」登録物件情報
 

空き家バンクとは

 箱根町内の空き家等の有効活用と定住人口増加を目的に、売りたい、貸したいと希望する空き家等を所有する方から物件情報を登録していただき、その情報を見て、買いたい、借りたいという希望者との橋渡しを箱根町と公益社団法人神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部が連携して行う制度です。

空き家バンクの流れ

 

 

 

ご利用にあたっての注意事項

  • 登録料、掲載料は無料です。
  • 登録期間は1年間です。(更新申請により延長可能です。)
  • 箱根町は、空き家等の情報提供は行いますが、物件の売買、賃貸借に関する交渉、契約等に関しての媒介は一切行いません。
  • 空き家等の所有者が宅建業者による媒介を希望する場合は、箱根町から協定を締結した公益社団法人神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部に連絡し、宅建協会小田原支部の会員が媒介を行います。なお、宅建業者の媒介には、宅地建物取引業法等で規定された報酬(仲介手数料)が発生します。
  • 契約等に関するトラブルについては、空き家等の所有者、利用希望者及び媒介業者間で解決してください。 

登録方法

 空き家(売家、貸家)、共同住宅の空き室の場合

  「箱根町空き家バンク空き家等登録(新規・継続)申請書」を提出してください。

 売地(宅地として使用可能な土地)の場合

  「箱根町空き家バンク売地登録(新規・継続)申請書」を提出してください。

   提出に際してのお願い

 ・希望金額などを不動産業者に相談し、媒介を希望する場合は、記入できる範囲で記入し、「不動産業者の紹介を希望」と申請書の特記事項欄にご記入ください。

 ・既にご自身で不動産業者に媒介を依頼してある場合は、「業者名、連絡先」等を申請書の特記事項欄にご記入ください。

 ・「案内図」「平面図(間取り図)」「対象物件の写真」についても郵送か電子メール(web_kikakuka@town.hakone.kanagawa.jp)で提出をお願いいたします。用意できない場合はご相談ください。

 

箱根町空き家リフォーム事業補助制度

 町の人口増加及び定住促進により活力あるまちづくりを促進するとともに、空き家バンクの積極的な活用を促進するため、箱根町空き家バンクを利用して購入した空き家を、定住を目的にリフォームする方に、リフォーム費用の一部を補助します。
 

対象者

  1. 箱根町空き家バンクを利用して購入した空き家に定住する意思があること。
  2. 定住する世帯員が町税等を滞納していないこと。

対象となるリフォーム

  1. 主要構造部、居室、台所、浴室、便所その他の生活をするために必要な部分のリフォームであること。
  2. 対象となるリフォームに要する経費が20万円以上であること。ただし、併用住宅において非住宅部分のリフォームも併せて行う場合は、住宅部分の床面積を建物全体の床面積で除して得た値に、全体のリフォームに要した費用の額を乗じて得た額を補助対象経費とします。
  3. 補助金の申請年度内に対象事業が完了すること。

 

補助金額

 20万円を超えるリフォーム工事に対して一律10万円
 

申請方法

 リフォーム着工前に、要綱に規定する交付申請書に必要書類を添えて提出してください。