お知らせ

平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンが定期予防接種となりました。

 

対象

箱根町に住民登録のある、平成28年4月1日以降に生まれた、生後12か月(1歳)未満の方

※1歳の誕生日を迎えた方は、定期接種の対象外となります。
※母子感染予防のために、抗HBsヒト免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は、健康保険が適用されるため、定期予防接種の対象外となります。

 

接種方法

1歳になる前に3回接種します。
標準的な接種期間は、生後2か月から9か月になるまでの期間です。
接種間隔は、1回目接種後27日以上の間隔をあけて2回目、1回目の接種から139日以上の間隔をあけて3回目を接種します。なお、2回目と3回目の間は6日以上あけます。
 

【注意】
1回目の接種から3回目の接種を終えるまでには、おおよそ半年かかります。
特に平成28年4月、5月生まれで、過去に任意で接種を受けたことがなく、平成28年10月の定期接種開始以降初めてB 型肝炎ワクチンを受ける方は、接種スケジュールの管理が重要となります。お早めに医師とご相談ください。
過去に任意で接種を受けた方は、すでに接種した回数分の接種を受けたものとみなし、1歳に至るまでに残りの回数分を定期接種として受けることができます。

 

取扱医療機関

取扱医療機関については、平成28年度箱根町B型肝炎ワクチン定期接種取扱医療機関一覧表 [93KB pdfファイル] をご参照ください。

※接種にあたり予約が必要な場合がありますので、ご希望の取扱医療機関へご確認ください。

 

接種費用

定期接種費用は、町が全額負担します。
ただし、対象外の方が接種を受けた場合や既定の回数以上接種を受けた場合などは、任意接種となるため接種を受けた方の全額負担となります。
なお、この制度が始まる前に、任意でB型肝炎ワクチンの接種を受けた方に対して、すでに支払った接種費用を町から返金はしません。

 

持ち物

母子健康手帳、健康保険証など