町立小・中学校では、1月から2月にかけて、学校給食で共通メニューが出される「はこねランチ」で、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた取り組みとして、ホストタウン相手国(3ヶ国)の郷土料理の給食が提供されました。

 

第1弾 エリトリア国の「アリチャ」

 野菜と肉を煮込んでカレー粉と青唐辛子で味付けをする料理です。本来は羊の肉を使う非常に辛い料理ですが、給食では豚肉を使い、カレー粉と塩のみの味付けで辛みを押さえました。

        [アリチャ]

 

第2弾 ブータン王国の「パクシャ・パ」

 「パクシャ」は豚肉、「パ」はかたまりという意味で、豚肉と唐辛子の煮込み料理です。給食では味付けをバターと塩のみで行い辛みを押さえました。

       [パクシャ・パ]

 

第3弾 ミャンマー連邦共和国の「トーフーヒン」

 「トーフー」は豆腐、「ヒン」はカレーという意味で、厚揚げをトマトとカレーで煮込んだ料理です。給食では、カレー粉の量を大幅に減らした味付けで辛みを押さえました。

       [トーフーヒン]