認知症などが原因で徘徊するお年寄りが全国的に増えています。

町には近隣市町や小田原警察署・県小田原保健福祉事務所と協力して、徘徊するお年寄りを早期に発見するための「徘徊SOSネットワーク」があります。

万一に備え、事前にお年寄りの名前・連絡先・体の特徴などを、福祉課に登録しておくことで、行方不明になったとき、このネットワークによってすみやかに捜索を開始することができます。また、発見された時、一刻も早く身元確認ができ、安全にご家族の元に帰ることができ安心です。

徘徊は、家族にとってつらい症状のひとつです。決してひとりで抱え込まず、お年寄りのいるご家族は、「認知症かな・・・」と思ったら、一日も早い登録をお勧めします。