特別定額給付金

 令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症対策緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、給付対象者1人につき10万円の給付を行う特別定額給付金事業が実施されることになり、総務省に特別定額給付金実施本部を設置いたしました。

  

 特別定額給付金については、こちら(総務省ホームページ)からご確認ください。

 

【申請の方法について】

 箱根町では、全世帯の世帯主の方宛に申請書を5月14日(木)に送付します。

   なお、申請書は、住民登録されている住所地に送付しています。

 申請書が届きましたら下記の二通りのどちらかの方法で提出してください。

 1 オンラインによる申請(マイナンバーカードを利用した申請方法)5月12日(火)から受付

 2 郵送による申請(申請書の中に返信用の封筒を同封しますので役場へ返信してください)

  申請手続きは、5月15日(金)~8月14日(金)までに行ってください)

 ※コロナウィルス感染防止のため申請書は、極力、郵送により返信をお願いいたします。

 ※指定された口座には、申請書の添付書類等に不備がない場合は、受付日から7日~10日(通常時)の間に振込いたします。

 現在、受付が大変集中しており、作業に遅れが生じているため、受付日から10日~14日ほどお時間をいただいております。 

 

郵送申請

 5月13日(水)に各世帯主様宛に特別定額給付金の申請書を送付しました。

 申請書に必要事項を記入の上、役場企画課へ返信してください。

 

手順1 お手元に届いた郵便物を確認

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右端の切れ目からゆっくり開封してください。

中には、(1)申請書(2)申請書記載方法(3)添付書類貼り付け(4)返信用封筒などのページがあります。

 

手順2 申請書の記入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側(2)申請書記載方法

右側(1)申請書

(1)申請書に記載されている内容に間違いがないかご確認ください。

右側(1)申請書を切り離し申請書記載方法を参考に記入・押印してください。

 

申請書の記載方法

 

申請書の記載方法.pdf [857KB pdfファイル] 

 

手順3 添付書類貼り付け・返信用封筒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側 「代理申請を行う場合」記入欄および添付書類貼り付け欄

右側 返信用封筒

下記の2点を添付してください。

〇本人確認できる書類の写しを添付してください。(保険証、運転免許証、マイナンバーカードなどいずれか1点の写し)

〇振込金融機関の確認書類(通帳かキャッシュカードどちらかの写し)

 

手順4 封筒の作成方法

  

 キリトリ線から返信用封筒をはずして、申請書を入れのりでしっかり封をしてポストに投函してください。

 

委任状

世帯主以外の方が申請される場合、委任状が必要です。

委任状.pdf [8KB pdfファイル] 

 

特別定額給付金コールセンターの設置について

 総務省は、特別定額給付金に関する皆様からの問い合わせに対応するため、「特別定額給付金コールセンター」を設置しました。

 連絡先 0120-260020

 対応時間 9:00~18:30(5月2日以降平日、休日問わず)

 

詐欺被害の防止

それ、給付金を装った詐欺かもしれません!


「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください!

•市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
•市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。
※ 今般、政府予算案において決定された「特別定額給付金」については、住民の皆様へご連絡や給付を行う段階ではありません。
※ 具体的な給付の方法等が決まり次第、速やかに広報いたします。
※ 現時点で、市区町村や総務省などが、住民の皆様の世帯構成や、銀行口座の番号などの個人情報を電話や郵便、メールでお問合せすることはありません。

 ご自宅や職場などに市区町村や総務省などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、お住まいの市区町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

特別定額給付金・詐欺被害防止啓発チラシ (PDF)