食文化を知って広げてつなげよう

 本町は山間部に位置しており、山菜を使った料理など、風土と密接に関係しながら培われてきた食文化

があります。

 令和元年度には、昨今の世帯構成や社会環境の変化により、地域において受け継がれてきた食の文化の

継承が難しくなってきていることから、次世代へと継承していくために地域の食の文化について調査を実

施しました。その結果に基づいてリーフレットを作成し、教室などで普及しています。

 今後は、若い世代へと普及・啓発するために、地域の方や食に関するボランティアとともに、食の文化

を大切にしていきたいと思っています。

  <リーフレット>

  町の食文化を知って広めてつなげよう [1027KB pdfファイル] 

 

 また、このリーフレットの普及にあわせて、町の各種団体の活動の中で活用していただくために、手引

きを作成しましたので、使用希望がある場合は、問い合わせください。

 

  

  *食文化継承教室

  町では、食文化の大切さを学ぶため、プロから料理を教わりな

 がら、調理実習を通して、和食の基本である一汁三菜をベースに

 主食・主菜・副菜のバランスよい食事を地域の食文化とあわせて紹介しています。

 

  令和4年度は、家庭でもそば打ちができるように、家庭に身近な道具を使ったそば打ち体験とよもぎ

 団子の演習を行いました。

  そば打ちは、力がいる作業のため、参加者は、楽しみながらも真剣に取り組んでいました。

  レシピを参考に、ぜひ、ご家庭でも作ってみてください。

 令和4年度食文化継承教室時レシピ(資料) [568KB pdfファイル] 

 

    令和3年度は、和食のプロに幼児から食べやすく、かつ、手軽に作れるレシピや町のどの地域でも慕わ

 れている’よもぎ’を使ったデザートなどの要望を受け入れていただきながら、和食の要素を取り入れて、

 さまざまなアイデアやアドバイスをいただきました。

  当日は、和食や食材、作り方の講話、デモンストレーションと試食を行いました。

  食材を生かしつつ、アレンジもきき、手軽に作れるレシピですので、参考にしてください。

 令和3年度食文化継承教室時レシピ [264KB pdfファイル] 

 ※栄養成分表示は、日本食品標準成分表を参照
 ※このレシピは、箱根町食育サポートメイト六彩会に協力をいただき作成