登下校時や放課後のケア、食育や経済的支援など、子育て家庭に対する手厚いサポートを行っています。

箱根の森小学校では、スクールバスを3台運行しており、児童は無料で利用できます。

スクールバスは、箱根の森小学校児童の登下校の他にも、水泳授業を町営の温水プールで行う際の送迎や、各幼稚園・保育園・幼児学園・小学校・中学校の校外学習など、幅広く利用しています。

共働きなどの理由で、放課後、家庭において保護者の適切な保護を受けることができない児童をお預かりしています。対象は小学1年生から6年生のお子さんです。町立小学校(湯本小学校・箱根の森小学校・仙石原小学校)の校内にあるため、安心して利用していただけます。

給食については、各学校および保育園・幼児学園の給食室で調理し、主食まで完全給食で提供しています。栄養価も高くおいしいと、子どもたちにも好評です。

幼児学園・保育園では、栄養士が魚をさばくなどの調理過程を間近で見たり、自分たちで米を研ぐなどの調理体験をする場を設けています。

一般不妊治療費・不育症治療費助成
不妊症や不育症と診断を受けた方を対象に、その治療に必要な医療費(保険診療外)の一部を助成します。
一般不妊治療費・不育症治療費助成のお知らせ
妊婦健診費用の助成
妊婦健康診査14回について、費用の一部を町が補助しています。助成額は県内最高です。
妊婦歯科健診費用の助成
妊婦中に1回、歯科健診(むし歯菌の検査・歯周病の検査等)を500円で受診することができます。
産後ケア事業(平成29年度新規)
- 産後ドゥーラの派遣は県内初 -
産後、家族等の援助が受けられず支援を必要とする出産後1年未満の産婦に対して、産後の過ごし方、赤ちゃんのお世話に必要な知識・技術を持った「ケア専門家」が訪問し、家事や赤ちゃん、きょうだいのお世話、育児相談などお母さんの援助を行います。 (利用料の1/2と専門家の交通費を町で補助します)
進学費の貸付等
「育英奨学金制度」により、高等学校・大学等への進学費(高等学校の授業料・通学費・入学資金、大学等の入学資金)を貸し付け等しています。
通学費補助
町立小・中学校への通学費を全額補助しています(対象区間あり)。
また、町内・外の高等学校等への通学費を一部補助しており(対象区間あり)、通学費の保護者負担額を年間数万円に抑えています。
例えば、仙石原から小田原までのバスの3ヶ月通学定期券代は7万円を超えますが、保護者は1万8千円のみを負担すれば、残りは全額、町が補助します。
保育園・認定こども園・幼稚園の利用者負担金(保育料)
保育料は県内市町村と比較して非常に安価となっています。園は「待機児童ゼロ」を更新中で、保護者の就労をしっかり支援しています。
はこねっこ誕生祝金(平成28年度新設)
0歳から18歳到達後最初の3月31日を経過していないお子さんを1人以上養育しているご家庭に、第2子以降の赤ちゃんが生まれたときに、赤ちゃんの誕生を祝い、子育て家庭を支援するために、第2子10万円、第3子以降20万円を交付します。
給食費補助
町立小・中学校では、多子世帯の負担軽減を目的として、在学する児童・生徒を3人以上養育する方に対し、3人目以降の給食費を全額補助しています。また、町立小学校に在学する児童を養育している方に対しては、給食費の一部(200円)を補助しています。
保育園・認定こども園は完全給食を実施
乳児クラスの離乳食から年長クラスの幼児食まで、主食(ご飯やパン)を含む完全給食で提供しています。
栄養管理はもちろん経済的な面もしっかりサポートしています。
第2子の保育料無料化(平成29年度新規)
第2子以降のお子さんの保育料が無料となります。(保護者の所得制限や第1子の年齢制限はありません)
小児医療
中学校卒業まで小児医療費が無料です。(保護者の所得制限はありません)
放課後児童クラブ
全町立小学校内に開設されていて1年生から6年生まで利用できます。利用料もおやつ代を含んで平均7,250円と県内で非常に安価となっています。
その他 子育て支援取り組み
ママサポート事業:母子保健型
ママサポート事業:児童福祉・教育他