秋季火災予防イラスト1

11月9日~11月15日
この運動は、火災が発生しやすい気候となる時季を迎えるにあたり、火災予防思想の一層の普及を図り、火災の発生を防止して、高齢者等を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐため、11月9日から1週間「秋季火災予防運動」を実施します。

全国統一標語

【 忘れてない? サイフにスマホに 火の確認 】

消防本部の主な実施内容

秋季火災予防イラスト2

 

◆ 防火ポスターの作成・配布

◆ 住宅用火災警報器設置促進広報

◆ 老朽化消火器の回収

◆ 特定防火対象物等を対象にした定期点検制度の推進

◆ 危険物移送車両の立ち入り検査

◆ 幼稚園児を対象にした防火指導
 

 


 

消防署の主な実施内容

秋季火災予防イラスト3

 

◆ 防災行政無線・消防車両(巡回)による防火広報

◆ 消防機械器具の整備保全

◆ 消防水利の調査・保全

 

消防団の主な実施内容

秋季火災予防イラスト4

 

◆ 消防車による防火パレード

◆ 住宅防火診断チラシの配布及び住宅防火指導

◆ 住宅用火災警報器に係るアンケート調査

◆ 消防機械器具及び資器材の点検・整備

 

『住宅防火 いのちを守る 7つのポイント』 −3つの習慣・4つの対策−

秋季火災予防イラスト7

3つの習慣

  • 寝たばこは、絶対やめる。
  • ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
  • ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策

  • 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報機を設置する。
  • 寝具や衣類からの火災を防ぐために、防炎製品を使用する。
  • 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器を備える。
  • お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。