安全は 心と時間の ゆとりから

新入学児童・園児を交通事故から守ろう

 

 

 

 

4月6日から15日は春の全国交通安全推進期間です。

運動期間は次の重点項目を中心に交通安全の啓発を行います。

交通ルールを守り、交通事故防止に努めましょう。

 

 

小田原警察署管内では、3月に入り交通死亡事故が4件発生しました。

神奈川県内では交通死亡事故が急増し、小田原警察署管内では死者数が県内でも一番多くなっています。

 

夕暮れ時は人や車の交通量も多く、特に横断歩道付近での事故が起きやすくなっています。

車を運転する方は、横断歩道手前で必ず減速し、歩行者を優先させましょう。

 

また、高齢者の絡む交通事故が多く見られます。高齢者の事故の特徴として

・歩行中が一番多いということ

・自宅のすぐ近くで事故にあう方が多いということ

・歩行中に亡くなられた方の多くが交通ルールを無視していること

があります。

 

交通ルールを守って、心にゆとりをもって通行するように心がけてください。