共同入札する場合は、共同入札者のなかから1名の代表者を決める必要があります。
実際の公有財産売却の参加申し込み手続きおよび入札手続きをすることができるのは、当該代表者のみです。したがって、公有財産売却の参加申し込み手続きおよび入札手続きなどについては、代表者のオークションIDで行うこととなります。

手続きの詳細については、
箱根町インターネット公有財産売却ガイドラインの「第2 公有財産売却の参加申し込みおよび入札保証金の納付について」および「第3 入札形式で行う公有財産売却の手続き」をご覧ください。

共同入札する場合は、共同入札者全員の印鑑登録証明書および共同入札者全員の住所(所在地)と氏名(名称)を連署した申込書を入札開始までに箱根町に提出することが必要です。
なお、申込書は箱根町のホームページより印刷することができます。
→入札参加申込書は様式集からダウンロードしてください。(新しいウインドウが開きます。)

 

◆申込書に記載された内容が共同入札者の住民登録や商業登記簿の内容などと異なる場合は、共同入札者が落札者となっても権利移転登記を行うことができません。

◆共同入札する場合は、クレジットカードによる入札保証金の納付はできません。

◆物品(自動車等)の入札保証金についてはクレジットカードのみでの納付となり、共同入札できません。