納付期限までに箱根町の公金口座への振込みにより納付してください。銀行振込の際の振込手数料は公有財産売却の参加申込者の負担となります。

入札保証金とは

  地方自治法施行令第167条の7で定められている、入札する前に納付しなければならない金員です。入札保証金は、箱根町が売却区分(公有財産売却の財産の出品区分)ごとに予定価格(最低落札価格)の100分の10以上の金額を定めます。

入札保証金の納付方法

   入札保証金の納付は、売却区分ごとに必要です。入札保証金は、箱根町が売却区分ごとに指定する方法で納付してください。売却区分ごとに、売却システムの公有財産売却の物件詳細画面でどの方法が指定されているかを確認してください。

  • 物品(自動車等)はクレジットカードによる納付
  • 不動産(土地・建物)は銀行振込による納付(箱根町が送付する納入通知書による納付になります。)

入札保証金の契約保証金への充当

 落札者が納付した入札保証金は、落札者が契約を締結した場合、依頼書に基づき地方自治法施行令第167条の16に定める契約保証金に全額充当します。