箱根町長 山口 昇士

こんにちは 箱根町長の山口 昇士です。 

 箱根町は神奈川県の南西部に位置し、東京から約80キロメートルの距離にあります。面積は92.86平方キロメートルで、面積の8割は山岳地帯からなっています。
 また、富士箱根伊豆国立公園内にあり、富士を映す明鏡芦ノ湖や美しい山なみなど、豊かな自然に恵まれています。古来より東海道の要衝として、また温泉地・宿場町として栄え、国内外から多くの観光客にお越しいただいています。

  平成31年(2019年)度は、第6次総合計画前期基本計画の折り返しの年であり、集中と選択の観点から設定した4つの重点施策、「防災力の強化」、「若者定住の促進」、「健康生活の推進」、「ブランド力の強化」について、本町の実情や時代にあった施策に積極的に取り組み、将来像である「やすらぎとおもてなしのあふれる町ー箱根」を目指してまいります。
 また、神奈川県においては、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」であるSDGs(エスディジーズ)の推進に取り組んでいます。本町においても、平成31年1月に開催されたSDGs全国フォーラムにて、地域における社会的課題の解決と持続可能な社会の実現に向けて、県や県内自治体と共に「SDGs日本モデル宣言」を行いました。第6次総合計画の重点施策については、町民や組織が連携して施策を展開することによる効果を高めていくことを目指していますが、これは「すべての人に健康と福祉を」や「住み続けられるまちづくりを」など17の目標が相互に関連しあうように設定されているSDGsと相通じるものがありますので、目標達成に向けて各種事業の展開を図ってまいります。
 平成31年は、元和5年(1619年)に箱根関所が現在の場所に設置されて400年となります。それを記念して、大名行列や企画展、シンポジウムなど年間5つのイベントを中心に箱根関所設置400年記念事業を開催いたします。江戸時代の要衝であり、現代は箱根観光の象徴的な存在の一つである箱根関所への皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。


 箱根町ホームページは「見やすい・分かりやすい・探しやすい」をコンセプトに、町民の皆さまの生活に役立つことはもとより、国内外の皆さまに箱根町の魅力を知っていただき、箱根町への理解を深めていただく一助となることを願っています。
 今後とも、町民の皆さまをはじめ多くの方々に、このホームページにアクセスいただけるよう、充実させていきたいと思いますので、たくさんのご意見をお寄せいただきますようお願いします。

 

箱根町長 山口 昇士