町から発行する公文書の表記について

 平成31年4月1日に元号を改める政令が公布され、5月1日から元号が「令和」に改められます。
 町から発行する公文書の日付は、原則として元号を使用していますので、5月1日以降に発行する公文書には新元号「令和」を使用することとなります。

 発行する公文書の中には、印刷や発送スケジュールの関係から文書の日付や納期限などが「平成」で届く場合があります。また改元後においても「平成」と表記されている文書などについては、法律上の効果は何ら変わることがありませんので、平成31年5月以降の有効期限等が記載された保険証、契約書、納税通知書なども有効なものとして取り扱います。

 なお、元号の変更のみを理由として公文書などの再発行は原則として行いませんので、公文書などについて「平成」と表記される部分は、新元号に読み替えていただきますよう、ご理解とご協力をお願いします。

 

町に提出する文書の表記について

 町に提出する文書のうち、町指定の様式にあらかじめ「平成」の記載があるものについて、5月1日以降に提出する場合、「平成」に二重線を引いて、新元号「令和」を記載していただきますよう、ご理解とご協力をお願いします。