町では、2018年に「第2次箱根町HOT21観光プラン基本計画」を策定し、翌2019年には箱根DMOが緻密なマーケティング分析に基づく箱根観光の現状把握と今後の予測を行いました。その結果、今まで見えているようで見えていなかった「箱根の強みと弱み」が、これまで以上に明らかになってきました。
今後のターゲットとして、国内は首都圏からの来訪者、海外は東京都を訪問する外国人旅行者とする戦略を明確にしたうえで、将来目標値(KPI)については観光入込客数のみならず、宿泊客数や消費額等の複数の項目それぞれについて定めています。
これらの戦略等を踏まえた具体的な施策について、住民、関係団体、観光事業者、交通事業者等、さまざまな枠組みを越えた構成員が「ALL箱根」の体制で官民地域一体となって検討し、この度「第2次HOT21観光プラン実施計画」を策定しました。
ここに掲げた取り組みを実施していくことにより、本町を訪れる観光客の旅の満足度が高まり、観光収入も増え、リピート率も高まるといった好循環を生み出すことを目指していきます。そして、箱根に住まう住民の生活と観光・産業のさらなる活性化とのバランスを大切にしながら、「より質の高い」、そして、「誰にでも愛される国際観光地箱根」としての持続・発展に向けて取り組みます。

●「第2次箱根町HOT21観光プラン実施計画」

(計画期間)
  本計画の期間は、箱根町第6次総合計画における構想期間、並びに、2018年度(平成30年度)を初年度とする基本計画と連動し、市場環境に応じた具体的かつ迅速なアクションを可能とするため、本計画の期間は2019年度(令和元年度)を初年度とし、2023年度(令和5年度)を目標年度とする前期5年間としています。
なお、2024年度(令和6年度)から2027年度(令和9年度)までの4年間を対象とする後期計画については、本計画の進捗状況を検証した上で、改めて見直しを行い策定する予定です。

(計画進捗管理体制)
  本計画(前期)は、2019年度より適用され、2023年度までを対象期間として、この間、「HOT21観光プラン推進委員会」によるモニタリングを実施し、事業実施状況の進捗確認と評価を行います。
 
《参 考》
■ 令和2年2月14日から令和2年3月6日にかけて実施しました実施計画(案)に対する意見募集の結果については、次のリンクからご覧ください。

◇「第2次箱根町HOT21観光プラン実施計画(案)に関する意見募集結果について」