8月2日、さくら館で「夏休み親子消費生活教室」が行われ、乳製品を題材に、簡単な講義と調理実習を通じて、物を買い消費するまでの流れを学びました。
 牛の話や牛乳パックのリサイクルの話、乳製品が成長になぜ大切かといったことを教わった後、チーズを使ったおやつ作りにも挑戦し、お父さんやお母さんと一緒に参加した子どもたちは、調理の過程でチーズの色や形の変化や、においを目や鼻で感じとっていました。
 「明日のおやつもこれにしよう!」とか「帰ったらお父さんにも作ってあげたい」と言いながら、楽しそうに調理し、出来上がったものを試食していました。 まずは牛について学習 正解は・・・4つです

まずは牛について学習 正解は・・・4つです

私たちの手首の骨は高校生ぐらいでようやく完成するそう 小さい頃に乳製品をとることは大切なのです

私たちの手首の骨は高校生ぐらいでようやく完成するそう 小さい頃に乳製品をとることは大切なのです

おやつ作りスタート! スライスチーズを焼くだけのガレットです

おやつ作りスタート! スライスチーズを焼くだけのガレットです

「うーん、いい匂いだねえ」 

「うーん、いい匂いだねえ」 

どれどれ焼けてきたかな? ぷつぷつしてきたら裏返しの合図

どれどれ焼けてきたかな? ぷつぷつしてきたら裏返しの合図

牛乳とレモンでチーズも作りました ぐるぐる回すと「あ! 固まった!」

牛乳とレモンでチーズも作りました ぐるぐる回すと「あ! 固まった!」

あっという間に出来上がり! おいしく作れました

あっという間に出来上がり! おいしく作れました