4月27日、畑引山(箱根)で広葉樹の植栽が行われました。
 この植栽は、針葉樹林を間伐したところにヤマザクラやイロハモミジなどの広葉樹を植え、その根を交錯させることで、しっかりとした根が張られた安定した地盤を作ることを目的の一つとしています。
 また、この転換によって水源が浄化され、景観も鮮やかになることが期待されています。
 毎年この時期に実施している当地区の植栽には、地元のボランティアのほか、町外からも参加がありますが、当日も多くの参加者の手により、800本ほどの苗木が植えられました。
 
 
一見緩やかに見えますが厳しい斜面での植栽

一見緩やかに見えますが厳しい斜面での植栽

今回は女性の参加者も多く見られました

今回は女性の参加者も多く見られました

幅広い世代が皆で一生懸命作業中

幅広い世代が皆で一生懸命作業中

「育った姿をいつか見れたらいいな。」と参加理由を明かしてくれました

「育った姿をいつか見れたらいいな。」と参加理由を明かしてくれました

苗木を植える穴を掘ります 全身でジャンプ!! 

苗木を植える穴を掘ります 全身でジャンプ!! 

親子で役割分担 丁寧な作業に苗木も喜んでいるはず!?

親子で役割分担 丁寧な作業に苗木も喜んでいるはず!?

山を彩る大木になりますように

山を彩る大木になりますように