4月13日・14日、宮城野地域で宮城野諏訪神社例祭が行われました。 
 取材当日は宮ノ下箱根神社例祭も行われ、この日はまさに春の祭りで大にぎわいとなりました。
 この祭りでは、世代を問わずに皆で引っ張る山車と小学生の子ども神輿(みこし)、宮城野青年会が担ぐ大人神輿がそれぞれ町内を回り、活気あふれる声を響かせ合い、家々の前で無病息災を願って真剣に神輿を担ぐ青年会のメンバーは、時折若者らしくやんちゃな表情も見せながら、祭りを盛り上げていました。  大人も子どもも力を合わせ皆で山車を引っ張ります

大人も子どもも力を合わせ皆で山車を引っ張ります

青年会が盛り上げる大人神輿 いい表情です

青年会が盛り上げる大人神輿 いい表情です

カメラを向ければこのとおり!

カメラを向ければこのとおり!

夏に自分たちで描く大文字をバックに・・・

夏に自分たちで描く大文字をバックに・・・

全員で記念撮影 仲の良さがうかがえました

全員で記念撮影 仲の良さがうかがえました

どんなに疲れていても笑顔は忘れません

どんなに疲れていても笑顔は忘れません

春の祭りの醍醐味 桜とともに

春の祭りの醍醐味 桜とともに

日暮れの頃もまだまだ大きな声を響かせて・・・

日暮れの頃もまだまだ大きな声を響かせて・・・

燃え尽きたような姿は懸命に担いだ証です

燃え尽きたような姿は懸命に担いだ証です