4月13日、温泉地域で宮ノ下箱根神社例祭が行われました。
 同神社での神事の後、先陣を切って子ども神輿(みこし)が出発し、続いて大人神輿も町内に繰り出しました。
 宮ノ下は狭い路地と坂道が多く、神輿がぎりぎり通れるほどしかない小道を「わっしょい! わっしょい!」と大きな声を出して練り歩いていると、当日は土曜日ということもありすれ違う観光客からカメラを向けられたり、拍手が送られたりと、偶然居合わせた人たちにも盛り上げられて、この地域ならではの雰囲気に包まれました。
厳かに執り行なわれる神事

厳かに執り行なわれる神事

晴天の下でいざスタート! 

晴天の下でいざスタート! 

神輿の重みをずっしりと肩に感じながら・・・

神輿の重みをずっしりと肩に感じながら・・・

玄関に向かってつっこみます

玄関に向かってつっこみます

中の担ぎ手も頑張っていました

中の担ぎ手も頑張っていました

垣間見える笑顔 まだまだ余裕!?

垣間見える笑顔 まだまだ余裕!?

背中に背負った「宮ノ下」の文字

背中に背負った「宮ノ下」の文字

笑顔がはじける子ども神輿にも同行 

笑顔がはじける子ども神輿にも同行 

元気いっぱいにみんなで「わっしょい!」

元気いっぱいにみんなで「わっしょい!」