「生体指紋認証」を利用した訪日外国人向けサービスの説明会について

 現在、政府は2020年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けて、訪日外国人に対するサービスの充実と並行してサービス事業者(サービス提供者)のストレス解消に取り組んでおります。その取組のひとつに「おもてなしプラットフォーム」があります。

 この実証は、訪日外国人に対して宿泊施設はパスポートコピー取らず、保管しなくてもよく、飲食店、小売店はクレジットカード決済を導入していなくてもクレジットカード保有者が決済できるシステムが提供されます。本格的な導入に先駆けて、今年の10月頃から箱根を含む神奈川県内で先行実証が行われます。そこで、主幹である経済産業省による、町内の宿泊施設、観光関連施設、小売店(土産屋)、飲食店などを対象にした説明会が次の通り行われます。金銭的リスクなく実証に参加できますのでお気軽にご参加ください。

 説明会日時

714日(木曜日)

  • 1回目 11時から1230分(受付は1030分から)
  • 2回目 14時から1530分(受付は1330分から)

 場所

役場本庁舎4階第1から第3会議室

 発表者

経済産業省商務情報政策局情報通信機器課 職員(予定)
経済産業省:IoT推進のための新ビジネス創出基盤整備事業[別ウィンドウで表示します]

 定員

各回80人程度(先着順)

 そのほか

会場は駐車場が少ないため、なるべく公共交通機関でお越しください。