行政評価とは

 町が行う施策や事務事業など行政活動の目的を明確にしながら、「目的をどれだけ達成できたか」などの視点により、町民にわかりやすい説明を行うとともに、総合計画の策定や進行管理、予算編成などに活用し、効率的で質の高い行政運営を実現するための手法です。

 

平成28年度行政評価

 平成27年度実施事業のうち重点事業の31事業について、「事後評価」を行いました。
※事後評価…前年度事務事業について、決算策定時に、事後的に計画と照らし合わせ分析するもの事業内容、評価内容についての概要を下記のとおり、公表いたします。

平成28年度箱根町行政評価(事後評価)表