下水道のあるくらし

公共下水道は、生活していくうえで排出される雑排水や汚水を処理場できれいな水に処理してから河川に放流します。
台所・洗濯・お風呂・トイレから出る生活雑排水や汚水が下水道管を通って処理場へいくため、悪臭、カ・ハエなどが発生する心配がなくなり快適で衛生的な生活環境をつくります。
 

下水道の設備

下水道は、町で管理する公共下水道と、皆さんに設置・管理していただく排水設備の2つから成り立っています。
町で管理する公共下水道は、下水道管・ポンプ場・処理場(浄水センター)から出来ています。
 

排水設備とは

排水設備とは、ご家庭や事業所(ホテル・旅館等)から出る汚水を直接公共下水道へ流すための設備で、個人の敷地内に設置する排水管やますなどのことをいいます。 汲取り便所や浄化槽を使っていたご家庭が下水道が使えるようになってから3年以内に排水設備を設置する場合には助成金の制度があります。

詳しくは 助成制度をご覧下さい。
排水設備の設置工事は、 町に指定された工事店でなければできません。

 

下水の排水方式

下水道には雨水を汚水と一緒の管に流す「合流式」と、別々に流す「分流式」の2つの方式があります。
箱根町は「分流式」を採用しています。雨どいや庭からの排水は下水道に流すことはできません。
 

排水設備設置工事費用の助成

下水道の工事が終わり、公共下水道へ接続する工事(排水設備の設置工事)にかかった費用に補助および貸付をおこなっています。(補助金に関しては、供用開始の告示がされてから3年以内)
 

対象者

補助金・貸付金とも、1)町内に居住している 2)会社その他法人ではない 3)町税、保険料等に滞納がないことが条件です。貸付金はさらに 4)連帯保証人を1名立てることが条件になります。
 

補助金

工事に要した費用(ただし25万円が上限)が対象額になります。

  • 1年目「対象額」× 1/4
  • 2年目「対象額」× 1/10
  • 3年目「対象額」× 1/20

千円未満は切り捨て

 

貸付金

工事に要した費用から補助金の額を差し引いた範囲内(ただし40万円が上限)で貸付されます。
貸付を受けた月の3ヶ月後から36回以内・無利子で毎月均等額で償還していただきます。

 

下水道使用料

公共下水道へ接続し、使用を開始すると下水道使用料を納めていただくことになります。下水道使用料は、処理場で汚水を処理する費用、下水道管・ポンプ場・処理場などの維持管理費、施設建設のための借入金の返済に充てられています。使用者が排水量に応じて納めていただくもので、公共下水道を使用開始した月分から納めていただきます。
 

使用料の計算方法

料金表(税抜き)

範囲排水量(m3) 単価(円)
基本料金 20 1,520
21~ 50 110
51~ 100 150
101~ 400 200
401~ 1,000 240
1,001~ 2,000 280
2,001~ 9,999,999 310
温泉(1m3あたり) 50


使用料金早見表(2カ月分、消費税込み)

排水量 m3 使用料 円 排水量 m3 使用料 円 排水量 m3 使用料 円
20以下
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
(基本料金) 1,641
1,760
1,879
1,998
2,116
2,235
2,354
2,473
2,592
2,710
2,829
2,948
3,067
3,186
3,304
3,423
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
3,542
3,661
3,780
3,898
4,017
4,136
4,255
4,374
4,492
4,611
4,730
4,849
4,968
5,086
5,205
5,367
52
53
54
55
60
70
80
90
100
200
300
500
1,000
2,000
3,000
5,000
5,529
5,691
5,853
6,015
6,825
8,445
10,065
11,685
13,305
34,905
56,505
104,025
233,625
536,025
870,825
1,540,425
 

例:2カ月あたりの排水量が64m3である場合の使用料は、

                   20m3までの分 基本料金 1,520円
20m3を超え50m3以下の分(30m3) 
                              110円×30m3 =3,300円

50m3を超え64m3以下の分(14m3) 
                              150円×14m3 =2,100円 

                                                     6,920円 
                                                     6,920円 ×1.08=7,473円 
                                                            (1円未満切り捨て)

こちらの画面で下水道排水量を入力すると使用料金を計算できます。ぜひお試しください。

 

社会資本総合整備計画

社会資本総合整備計画(水の安全・安心基盤整備)を公表します。

 社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合には、社会資本総合整備計画を作成し、当該計画を国土交通大臣に提出することとなっており、また、これを公表するものとなっております。
※事業の進捗、予算等により、計画は変更する場合があります。

箱根町社会資本総合整備計画(水の安全・安心基盤整備) [2085KB pdfファイル] 

箱根町社会資本総合整備計画 事後評価(水の安全・安心基盤整備) [819KB pdfファイル] 

箱根町社会資本総合整備計画 交付金の執行状況[8KB pdfファイル] 

 

使用料の納付期限及び納付方法

使用料の納付期限
県営水道地区 = 県営水道の納期
町営水道地区 = 町営水道の納期でご請求致します。

使用料の納付方法
県営水道、町営水道それぞれの方法で納めていただきます。
納付方法につきましては、町営水道は町上下水道温泉課、県営水道は神奈川県企業庁へお問い合わせください。
詳しくはこちらへ

※県営水道地区の上下水道料金は、町役場および出張所ではお支払いできませんのでご承知ください。
 

諸申請用紙

諸申請用紙の提供
 

下水道使用上の注意点

1.油類(ガソリン・シンナー・てんぷら油等)は、流さないでください。
2.割り箸、串、砂、ごみ等は流さないでください。
3.野菜くず等を粉砕し水と一緒に流す器具「ディスポーザ」の使用については自粛をお願いします。
4.トイレットペーパー以外の紙、紙おむつ、衛生用品等は流さないでください。
5.宅地内の排水管につまりなどが生じた場合は、工事をした指定工事店に連絡してください。
 

箱根町型下水道用鋳鉄製マンホールふたの性能規定について

箱根町では、平成22年1月4日に下水道用マンホールふたの仕様について、「箱根町型下水道用鋳鉄製マンホールふた」に改めました。
新仕様による本町への納入を希望される方は、次の問合せ先までご相談ください。

申請期間 平成22年1月4日から随時
担当課名 環境整備部上下水道温泉課
電話番号 0460-85-9567