公的個人認証サービスとは、電子申請・届出等を行う際に、申請者が本人であることや申請内容が通信中に改ざんされていないことを証明する、いわばインターネット版の印鑑証明です。
この電子証明書は、神奈川県知事が委任した指定認証機関(財)自治体衛星通信機構を通じて県知事名で証明するものです。
有効期間は3年間ですが、住所、氏名、生年月日、性別に変更があった場合には無効になります。

利用できる手続きは?

○恩給関連手続(総務省)→平成16年2月16日から開始
恩給受給者の住所変更届出など、恩給関連の6手続きの受付開始されました。

 

○無線従事者免許関連手続(総務省)→平成16年3月29日から開始
無線従事者の免許の申請、無線従事者免許証の再交付の手続きの受付が開始されました。

 

○国税庁の電子申告(国税庁)→平成16年6月1日から開始
所得税と個人事業者の消費税の電子申告が開始されました。

 

○航空従事者技能証明申請手続(国土交通省)→平成16年度9月2日から開始
航空従事者技能証明に係る電子申請が開始されました。

 

※今後、各省庁で利用できる申請・届出は増えていく予定です。詳しくは総務省のホームページでご確認ください。