平成23年11月19日から、町民サービス向上と戸籍事務の迅速化を図るため、コンピュータによる戸籍事務を執り行っています。 これにより、戸籍に係る名称や様式等も変更されています。

事務処理時間の短縮

これまでは出生や婚姻などの届け出の際、紙原本にタイプライターで記載していたため、届け出から戸籍記載完了まで約7日程度かかっていましたが、コンピュータ化により、届け出から証明書発行までの期間が1日〜3日程度に短縮されました。

分かりやすく!

縦書きの文章体から横書きで項目ごとの記載となり、漢数字が算用数字になるなど、読みやすく分かりやすい戸籍になりました。

名称および様式の変更

戸籍に記載されている全員を証明する「戸籍謄本」が「全部事項証明書」に、個人を証明する「戸籍抄本」が「個人事項証明書」になりました。

対象は町内に本籍がある方

コンピュータによる事務処理は、箱根町に本籍がある方です。
住民登録があっても、本籍が箱根町以外の方は対象外です。

紙戸籍は「平成改製原戸籍」に

コンピュータ化前の紙戸籍は「平成改製原戸籍」となり、今後150年間保管されます。
コンピュータ化後の戸籍には、婚姻や死亡などの理由によりすでに戸籍から除かれた方に関する事項は記録されませんので、それらに関する証明書が必要な場合は、平成改製原戸籍(1通750円)を請求してください。

主な変更点(まとめ)

紙戸籍(現在) コンピュータ化戸籍
名 称 戸籍謄本 全部事項証明書
戸籍抄本 個人事項証明書
様 式 B4判、2つ折(謄本) A4判、縦長
B5判、縦長(抄本)
書 式 文章形式、縦書き 項目別形式、横書き
手数料 戸籍450円、除籍・改製原戸籍750円(変更なし)