暴力は、性別や当事者間の関係を問わず、決して許されるものではありません。

とりわけ、「配偶者からの暴力」は、配偶者・元配偶者・パートナーなど、身近な者からの暴力を指すものであり、家庭内における暴力であるために潜在化、長期化、深刻化し、解決の糸口をなかなかつかむことができないという特性があります。この場合、被害者の多くは女性です。また、児童虐待とも関連が深く、子どもに種々の影響を及ぼすことも指摘されています。

身体的暴力(殴る、蹴る、首を絞めるなど)、精神的暴力(暴言を吐く、脅す、無視するなど)、経済的暴力(生活費を渡さない、借金を重ねるなど)、性的暴力、社会的隔離(外出を禁止する、親戚や友人とのつきあいを制限するなど)など、DVには様々な形があります。

これらは、個人の尊厳を著しく害するものであり、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害です。

DV相談窓口一覧