浸水した家屋の消毒を無料で行います

 台風19号による雨水や河川増水で被災した家屋の感染症予防の対応として町では浸水した家屋の消毒を無料で行います。
 希望する方は、さくら館までご連絡ください。

 ○受付時間:平日の8時30分から17時15分まで 

 また、ご自身で消毒を行う場合は、消毒剤(ベンザニコニウム塩化物)を配布いたします。使用に際してはマスク、ゴーグル、手袋をご用意ください。

 なお、消毒剤は過剰に使用すると人の健康や環境へ影響を与えることがありますので、使用は最小限としてください。

 

 

 家屋を清掃する方へ

 浸水した家屋は細菌やカビが繁殖しやすくなり、感染症にかかるおそれがあるため、清掃が大切です。
 清掃時は次のとおり注意してください。

  1.  ドアと窓をあけて、しっかり換気しましょう。
  2.  汚泥は取り除き、しっかり乾燥させましょう。
  3.  清掃中のケガ予防に手袋を着用しましょう。
  4.  ほこりを吸わないようにマスクを着用しましょう。
  5.  清掃が終わったらしっかり手洗いをしましょう。

清掃作業をされる方へ [88KB pdfファイル]  

 感染症予防について

 清掃時は、傷口からの感染予防として、丈夫な手袋や底の厚い靴などを着用し、長袖など肌の見えない服装を心掛けましょう。なお、ケガをした場合は、傷口を流水で洗浄し、消毒をしましょう。
 また、乾燥すると、土ほこりが発生します。目に入ると結膜炎になったり、口から入ってのどや肺に炎症を起こすこともありますので、目や口を保護することが大切です。目に異物が入った場合はすぐに洗浄してください。
 特に深い傷や汚れた傷は破傷風になる場合があります。また、目を洗浄しても充血している場合などは、医師に相談しましょう。

浸水した家屋の感染症対策 [945KB pdfファイル]