中央会場 湯本小学校
 

訓練内容

この訓練は、デジタルカメラで撮影した画像を役場へ送信し、役場においてホームページへアップするものです。

実施訓練一覧

 

町内の被害状況

町内各所で崖崩れ・家屋の倒壊・火災が発生し、死傷者も出た模様である。
また、電気、ガス、水道、通信の各施設にも大きな被害が生じ、道路・橋梁等の損壊により交通は麻痺状態となった。

9月3日 6時30分
東海地域の地震観測データに異常が発見され、東海地震注意情報により地震発生の恐れがあると発表された。

8時30分
内閣総理大臣は、東海地震に関する「警戒宣言」を発令した。 

8時40分
箱根町は役場庁舎内に「地震災害警戒本部」を設置した。

10時30分
神奈川県西部地域を震源とする大地震が発生した。
地震の規模はマグニチュード7.0と推定され、箱根町役場庁舎での震度は6強であった。
 

避難路確保・避難誘導訓練

10時35分
水幕展張により確保された避難路を通り、住民などが町指定避難場所の湯本小学校に集団避難を開始。

 

仮設歩道橋設置訓練

10時40分
崩壊した橋に仮設歩道橋が設置され、避難路を確保した。

帰宅困難者対策訓練

10時50分
帰宅困難者は仮設歩道橋を通り避難所へ。

救助犬捜索・救出救助訓練

10時55分
応急救護所が設置された。

 


11時5分
悪路の中での救護犬の捜索訓練。

 

11時20分
自衛隊により倒壊家屋からの負傷者が救出された。

 

起震車体験の模様

応急手当訓練

11時30分
避難した住民に負傷者が続出したため、応急手当てを行う。

 

AED訓練を実施

炊飯訓練を実施中

展示コーナーの様子

初期消火訓練

11時45分
水消火器を使用した初期消火訓練。

消防無線等による被害情報収集訓練及び県による情報伝達訓練

11時55分
消防無線等による被害情報収集訓練の実施。

県による応急食料輸送訓練

12時
県による応急食料輸送訓練の実施。

電話復旧訓練

12時10分
NTT東日本により電話が復旧された。

応急電源確保訓練

12時20分
東京電力により現地災害対策本部等に応急電源が確保された。

プロパンガス緊急措置訓練

12時30分
神奈川県エルピーガス協会小田原支部により、プロパンガスの供給が開始された。

水道施設応急復旧・応急給水訓練

12時40分
箱根管工事協同組合や箱根水道パートナーズ、町などが協力して水道施設の応急復旧、給水が開始された。

救出・救護・消火訓練

12時55分
消防団による消火訓練を実施。

 

消防署による救出訓練を実施。

 

 

はしご車を使った救出訓練を実施。

訓練終了式