箱根町の下水処理場(浄水センター)における、放射性物質濃度等の測定を行いました。
 その結果、下記のとおりとなりました。

 下水汚泥等の放射性物質測定結果 [51KB pdfファイル]  

現在の対応

 平成23年6月16日付けで国から「放射性物質が検出された上下水処理等副次産物の当面の取り扱いに関する考え方」が示され、8,000ベクレル/kg以下の脱水汚泥等については、適切な対策を講じた埋立て処分が可能となることや、また、市場に流通する前に製品としての安全性が確保できれば、再利用が可能とされているため、この基準に沿って対応しています。