1. まず身の安全を図る
    テーブル・机などの下に身を隠す
  2. 小さい揺れならすぐに火の始末
    地震で一番怖いのは火災/「わが家からは火事は出さない」の固い決意を
  3. 戸を開けて、まず出口の確保
    戸が開かなくなる場合に備え、戸を開けることが大切/エレベーターは使用しない
  4. あわてて外へ飛び出すな
    あわてて外へ飛び出すのは落下物などにより、かえって危険/大揺れは長く続かない
  5. 火が出たらすばやく消火
    万一出火した場合には、初期のうちに消火することが大切
  6. 山崩れ・がけ崩れ・浸水に注意
    山ぎわ、急傾斜地は、山崩れやがけ崩れのおこる危険性があります。また、低地では浸水のおそれがありますので、すばやく安全な場所に避難
  7. せまい路地・へいぎわ・がけや川べりには近寄らない
    ブロックべいは倒壊の危険性が特に高いので、絶対に近寄らない
  8. 協力し合って救出・救護
    自主防災組織を中心にお互いに協力し合い、被害を最小限に食い止める
  9. 正しい情報をつかみ、余震を恐れるな
    町役場、消防署、警察署の指示に従って行動することが大切
  10. 避難は徒歩で、持ち物は最小限に
    車での避難は絶対にしない