町では、地域防災計画に基づき防災行政無線の整備や防災備蓄倉庫の設置のほか非常用食糧・医薬品の備蓄など各種防災対策事業を実施していますが、災害に対しては、地域ぐるみの防災対策が大切です。

特に本町は、地形上がけくずれ等による「孤立化」が心配されるため、町内には、各自治会を単位とした自主防災組織が作られています。日ごろから訓練など組織的な活動を行い、自分たちの地域は自分たちで守るという意識を持ち、お互いに協力、助け合いましょう。