本町では、平成19年に、「人・心・自然、やさしさと出会いを創造する町—箱根」を将来像とする第5次総合計画(H19からH28)を策定し、将来像の実現に向けたまちづくりを推進しています。
 この度、平成28年度末をもって第5次総合計画の計画期間が満了を迎えることから、引き続き、本町を取り巻く社会経済情勢の変化に的確に対応し、計画的・安定的な行政運営を推進していくために、平成29年度を初年度とする第6次総合計画の策定を進めています。

第6次箱根町総合計画の策定について

 第6次総合計画の策定にあたり、以下のとおり策定方針を定めました。この方針に基づき、平成26年度から平成28年度の3年間をかけて、計画の策定を進めていきます。

町民ワークショップの開催

 第6次総合計画策定に向けて、町の現状と課題、町の将来像、まちづくりの戦略プロジェクトを提案してもらうことを目的として、平成26年9月に町民ワークショップ(箱根町みらいデザイン会議)を開催しました。  
 
※町民ワークショップの結果はこちら

総合計画策定に係る町民アンケート調査結果

 第6次総合計画策定に係る基礎資料とするため、平成27年1月に町民を対象として、アンケート調査を実施しました。

箱根町総合計画審議会

 第6次総合計画の策定について、、町長の諮問に応じて、総合計画の策定その他その実施に関し必要な調査及び審議を行うため、平成27年7月に箱根町総合計画審議会を設置しました。  

※箱根町総合計画審議会についてはこちら