県西部都市圏交通マスタープラン及び都市・地域総合交通戦略の中間評価について

 神奈川県西部都市圏交通マスタープラン(以下、「交通マスタープラン」)及び都市・地域総合交通戦略(以下、「交通戦略」)(平成27年1月国土交通大臣認定)は、令和元年度をもって、策定から5年が経過しました。
 交通マスタープラン及び交通戦略は、社会情勢等に即した、より実効性のある施策展開を推進するため、概ね10年毎に交通マスタープランを改定するとともに、交通戦略は、概ね5年毎に指標に基づく評価を行うこととしています。このため、県西部都市圏の将来像である「拠点内・拠点間の連携を支え、過度に自動車に依存しない交通体系の実現」に向けて、交通戦略に位置付けた戦略指標における目標水準の達成度(短期)を評価するとともに、最終評価に向けた事業における進捗状況の把握及び課題の整理等を行うことで、引き続き、実効性のある施策展開を図っていくことを目的として中間評価を実施しました。

中間評価とりまとめ結果.pdf [13341KB pdfファイル] 

 

参考1 中間評価の実施方法

1:令和元年度末時点における戦略目標に寄与する「戦略施策83事業」の進捗状況の把握・課題の整理(とりまとめ)

2:1で整理(とりまとめ)した内容を踏まえ、戦略指標・目標水準の達成度を計測

3:1、2の結果から、令和7年度に予定している最終評価の方向性も踏まえつつ、中間評価とりまとめ(総括)

 

中間評価実施イメージ

 

 

参考2 実施プログラム(戦略施策83事業)一覧(平成26年10月策定時点)

実施プログラム(戦略施策83事業).pdf [974KB pdfファイル] 

 

関連リンク

県西地域総合都市交通体系マスタープランについて