ページの先頭です 本文へスキップ
箱根観光情報 箱根全山
English韓国語中文
文字サイズ標準拡大

ホーム箱根町

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

箱根町ふるさと納税ご寄附の実績と応援メッセージご紹介

平成27年9月1日からリニューアルした「箱根町ふるさと納税」。
箱根ファンの皆さまから、たくさんのご寄附と応援をいただいておりますので、ご紹介いたします。本当にありがとうございます!
皆さまのご好意を箱根町のまちづくりに活用させていただきます。

平成27年度 ご寄附実績と応援メッセージ

平成28年度 ご寄附実績と応援メッセージ

目次

皆さまからいただいたご寄附の実績

期間 寄附件数 寄附金額
平成29年4月(4月1日から30日) 122 18,940,000
平成29年5月(5月1日から31日) 123 16,950,000
平成29年6月(6月1日から30日) 112 20,910,000
平成29年7月(7月1日から31日) 116 17,081,000
平成29年8月(8月1日から31日) 120 17,630,000
平成29年9月(9月1日から30日) 159 22,130,000
累計

752

113,641,000

(平成29年10月2日現在)

目次へ

応援メッセージご紹介

ご寄附とともに、元気の出る、心温まる応援メッセージもたくさんいただいております。
すべてをご紹介したいところですが、こちらでは一部のメッセージのみご紹介いたします。


【平成29年9月分】
先日、昨年分のポイントで強羅に行ってきました。ロープウェイ再開後、初めて訪れましたが、大涌谷の様子が以前と違っていて驚きました。また行きます!
箱根が大好きで何度も足を運んでいるうちに永住を考えるようになりました。少しでも地域にお役立てください。応援しています。


【平成29年8月分】
箱根は小さいころから大好きです。ゆったりしっぽり寛げるオアシスを求めて、今年も通ってます。
自然現象による観光への影響も懸念されますが、都心に近く利用しやすい神奈川県の代表的な観光地として、今後も繰り返し利用したくなる町づくりを期待しています。


【平成29年7月分】
宿泊ポイントはぜひ継続してほしいです。旅行に行くきっかけになってので。

ふるさと納税をぜひとも「日本の産業の柱」である観光振興に役立てて下さい。そのためには、自らも御地を訪問してよかったことを国内外にアピールしていきたいと思っております。頑張って下さい。

箱根旧街道を歩いた時に間伐作業の途中でところどころ切られていて、間伐作業をやって自然が守られていると実感しました。観光を発展させるのは大変な事業だとは思いますが頑張ってください!


【平成29年6月分】
関西人の私は有馬を奥座敷として育ちましたが、東京に転勤になった今関東の方々の同様の存在と察します箱根に個人で気に初めて行かせていただきます。よろしくお願い致します。
草木の成長は早く、崖の道は崩れやすく管理は大変だとは思いますが、ハイキングの道を維持してください。箱根でのハイキングは私の大きな楽しみです。土の道は大切です。舗装されてない道路は健康に大切だと考えてます。都市部は便利ですが、舗装道路だらけで膝腰に厳しく・熱を吸収しないので暑くて不快です。


【平成29年5月分】
今後も箱根が国際観光地として発展することをお祈りしています。
毎年箱根の温泉に行っています。これからも続けます!


【平成29年4月分】
箱根はよく旅行へ行きます。布団や枕のセレクトできるホテルが多く魅力的な宿がたくさんあるのでこれからも何回も足を運びたくなるような街づくりに期待しています。
箱根駅伝のファンで、箱根は一度は訪れてみたい土地でした。ふるさと納税が、旅行に出かける良いきっかけとなりました。

 


※ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」申込みフォームで「ホームページ掲載同意あり」の中から選出。(原則、原文まま)

目次へ

箱根町ふるさと納税に関するお問合せ

◆ 箱根町ふるさと納税について

◆  箱根町ふるさと納税の謝礼品とお申込み(ふるさとチョイス)
 

目次へ

 

     印刷 - 箱根町ふるさと納税ご寄附の実績と応援メッセージご紹介  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

箱根町役場 住所:〒250-0398 神奈川県足柄下郡箱根町湯本256 電話:0460-85-7111(代表)

Copyright(C) 2001-2016 Town of Hakone All right reserved.

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる