マイナンバーカードの健康保険証利用開始について

 マイナンバーカードの健康保険証利用を、令和3年10月20日から本格開始します!

       

  (YouTube)【何が便利になるの?メリット編】マイナンバーカードの

                          保険証利用

         

    ※厚生労働省制作の動画です。

 

 マイナンバーカードの健康保険証利用「初回登録」手続きについて

   マイナンバーカードを健康保険証として利用するために、マイナポータルから健康保険

 利用「初回登録」が必要です。

 

   (YouTube)【どうやって申し込むの?今すぐできる!簡単申込編】

                               マイナンバーカードの健康保険証利用

     

     ※厚生労働省制作の動画です。

     

  ◆「初回登録」手続きの方法

 (1)ご自宅でもできる登録方法

    ご自身やご家族のスマートフォン等(事前に対応機種をご確認ください。)、

    もしくはお持ちのパソコン+カードリーダーで登録することができます。

        登録はマイナポータルから行えます。

   マイナポータルのトップページはこちら 

    https://myna.go.jp/html/hokenshoriyou_top.html

                              (外部サイト)

     (YouTube)【スマホ篇】マイナンバーカードの健康保険証利用の申込方法の手順

              

    (YouTube)【パソコン篇】マイナンバーカードの健康保険証利用の申込方法の手順 

     

             ※内閣府制作の動画です。

    

 (2)箱根町役場本庁舎で登録する方法

     保険健康課窓口で登録することができます。

    必ず、マイナンバーカードをご持参ください。

          また、カード作成時にご自身で設定した4桁のパスワード(番号)が必要です。

 

 (3)セブン銀行ATM で登録する方法

      詳しくはセブン銀行のホームページよりご確認ください。

   https://www.sevenbank.co.jp/personal/atm/mynumbercard.html

                                    (外部サイト)

 

 (4)マイナンバーを読み取るための顔認証付きカードリーダーを設置する

    医療機関や薬局の窓口で登録する方法

      詳しくは設置のある医療機関等にお問い合わせください。

 

マイナンバーカードの保険証利用に対応した医療機関・薬局について

  ○町内で対応している医療機関・薬局
   ・桜木薬局 (湯本692)
 

 上記を除く、町内の医療機関を受診の際は保険証・限度額証をお持ちになってください。

 また、小児医療証・重度障害者医療証・生活保護の医療券などをお持ちの方は、

   保険証利用開始後も別途提示が必要になります。

 

    〇近隣自治体で対応している主な医療機関等

  ・小田原市立病院

  ・小田原循環器病院

   ・国病機構 箱根病院

 

 最新の全国の対応状況はこちらのページかご確認ください。

 www.mhlw.go.jp/stf/index_16743.html (外部サイト)

 

 対応した医療機関にはステッカーまたはポスターが掲示されています。

 

 (YouTube)【どうやって使うの?実践編】マイナンバーカードの健康保険証

        利用

  

  ※厚生労働省制作の動画です。

マイナポイントの付与について

 マイナポイント第2弾が開始されました。

 保険証利用開始によって7,500円相当のポイントが付与されます。

 

 詳しいお申し込み方法などは下記のURLより確認してください。

 mynumbercard.point.soumu.go.jp/about/#anc_extension (外部サイト)

 

よくある質問と回答

Q マイナンバーカードがないと受診できなくなりますか?
A すべての医療機関や薬局で、今までと同じように健康保険証で受診すること
   ができます。
   また、健康保険証の更新がある国民健康保険や後期高齢者医療制度では、
     今までと同じように更新時期になりましたら、新しい保険証をお送り
     いたします。
 
Q 小児医療証で受診していますが、マイナンバーカードの保険証利用を開始したら、
   窓口での医療証の提示は不要になりますか?
A 保険証化したマイナンバーカードには小児医療証の情報は登録されていませんので、
   別途窓口で提示が必要です
  また、重度障害者医療証・生活保護の医療券で受診等される場合も別途窓口で
  提示が必要です。
 
Q すべての医療機関などで、マイナンバーカードで受診できるようになりますか?
A マイナンバーカードで受診できるのは、カードリーダーが設置されている
     医療機関や薬局に限られます。
     をご覧ください。
   カードリーダーを導入していない医療機関や薬局のほか、訪問看護ステーション、
     整骨院、接骨院、鍼灸院、あんま・マッサージ施術所では、これまでどおり
     健康保険証の提示が必要になります。

Q 就職や退職、扶養認定等により保険が変わった場合(保険者を異動した場合)の
     手続きは必要ですか。
A これまでどおり、保険者への異動届等の手続きは必要です。
   国保の加入や喪失のお手続きは加入者ご自身で行っていただきますので
     忘れずにお手続きください。

 
Q マイナンバーカードを健康保険証として利用するための事前作業はありますか?
A 健康保険証として利用するためには、「初回登録」が必要です。
     をご覧ください。
 
その他の質問はこちらから:faq.myna.go.jp/category/show/107(外部サイト)
 

マイナンバーカードの健康保険証利用についての問い合わせ先(制度の詳しい内容やマイナポータルの操作方法はコチラにおかけください)

 マイナンバー総合フリーダイヤル  TEL: 0120-95-0178

 ※音声ガイダンスに従って「4→2」の順にお進みください。
 
 受付時間(年末年始を除く) 平日 9時30分から20時00分まで
                                         土日祝 9時30分から17時30分まで