戸籍の届出

戸籍は、日本国民が出生してから死亡するまでの出来事(出生・婚姻・死亡など)を記録しておくものです。夫婦、親子によってそれぞれ戸籍は作られています。この戸籍のあるところを本籍地といいます。
戸籍は、届出に基づき記載されます。届出用紙は、各市区町村の窓口にありますのでご利用ください。
なお、下記の届出は総務防災課町民係、出張所で受付けています。
届出の種類 届出期間 届出に必要なもの 届出人 注意事項
出生届 生まれた日から14日以内 1.届出書
2.印鑑(届出人の印鑑)
3.母子健康手帳
4.国民健康保険証(加入者のみ)
1.父又は母
2.同居者
3.出産に立ち会った医師、助産師等
4.法定代理人
・出生証明書(出生届右欄)には、医師か助産師の証明が必要です。
・出生した子の名は、ひらがな、カタカナ、常用漢字、人名用漢字を使用してください。
死亡届 死亡の事実を知った日から7日以内 1.届出書
2.印鑑(届出人の印鑑)
3.国民健康保険証
4.後期高齢者医療者証
5.介護保険証
(3.4.5.加入者のみ)
1.同居の親族
2.同居してない親族
3.同居者
4.家主等
・死亡診断書(死亡届右欄)には、医師の証明が必要です。
・死体埋火葬許可書を交付します。
婚姻届 届出した日から法律上の効力が発生 1.届出書
2.印鑑(届出人の印鑑・一方は旧姓の印鑑)
3.戸籍謄本(本籍地が箱根町以外の方)
4.本人確認の書類
結婚する当事者 ・届出には証人(成人の方2人)の署名等が必要です。
・未成年者の婚姻には、父母の同意が必要です。
・婚姻により住所が変わる方は、転入、転居、転出の手続きが別に必要です。(婚姻届では住所は変わりません。)
離婚届 [協議の場合]
届出した日から法律上の効力が発生

[調停または裁判の場合]
調停成立または裁判確定の日から10日以内
1.届出書
2.印鑑(届出人の印鑑)
3.戸籍謄本(本籍地が箱根町以外の方)
4.本人確認の書類
5.調停調書の謄本(調停離婚の場合のみ)
6.和解調書の謄本(和解離婚の場合のみ)
7.認諾調書の謄本(認諾離婚の場合のみ)
8.審判書の謄本及び確定証明書(裁判離婚の場合のみ)
9.判決書の謄本及び確定証明書(判決離婚の場合のみ)
[協議の場合]
夫と妻

[調停または裁判の場合]
申立人
[協議の場合]
・届出には証人(成人の方2人)の署名等が必要です。
・未成年の子がいる場合は、父母のいずれかが親権者になるか決めてください。
・離婚により住所が変わる方は、転入、転居、転出の手続きが別に必要です。(離婚届では住所は変わりません。)
転籍届 届出した日から法律上の効力が発生 1.届出書
2.印鑑(届出人の印鑑・夫婦の場合はそれぞれの印鑑)
3.戸籍謄本(前の本籍地のもの)
戸籍筆頭者及びその配偶者
※届出に必要なものの欄に記載されている国民健康保険証等については、加入されている方のみ必要となります。

※本人が知らない間に、全く関係の無い第三者との婚姻等の提出を防ぐために、本人確認をさせていただきます。届出の際は運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード等、官公署発行の顔写真が貼付されたものを持参してください。お持ちでない方は、住所地に届出の受理の旨の通知を送らせていただきます。
本人確認の対象となる届出は「婚姻届」「協議離婚届」「養子縁組届」「協議離婚届」「認知届」です。
届出地については、届出によって異なりますので、窓口等でお尋ねください。
また、他の戸籍の届出など不明な点についても窓口等でお尋ねください。