箱根町、小田原市、湯河原町、真鶴町の1市3町では、「神奈川県ごみ処理広域化計画」に基づく『ごみ処理広域化実施計画』の策定等に向け、平成18年度に「小田原市・足柄下地区ごみ処理広域化協議会」を設置し、ごみの広域的な処理(ごみ処理広域化)について検討を行っています。

 

ごみ処理広域化の検討状況について

 平成21年6月には、それまでの検討報告として、ごみ処理広域化を進めていく上での考え方や取り組みなどを示した「ごみ処理広域化の考え方」を公表しました。
 その後、平成32年度を目標とした新しいごみ処理体制づくりが難しい状況にあったため、平成25年11月に、「ごみ処理広域化の検討状況」を公表し、当面は、広域化(集約)を見据えながら、老朽化している現在の施設の基幹的な設備改良も視野に、小田原市と足柄下郡の2つの系統でごみ処理体制を組み立てていくこととしました。
 平成25年11月の「ごみ処理広域化の検討状況」の公表後、引き続き、ごみ処理広域化に対し様々な面から検討を重ねておりますので、これまでの取り組みや検討状況をお示しします。


   ごみ処理広域化の検討状況(平成30年2月公表) 
   ごみ処理広域化の検討状況(平成25年11月公表)
   2010年4月5日 小田原市・足柄下地区資源化検討会
   2009年6月23日 ごみ処理広域化の考え方を公表します