箱根町、小田原市、湯河原町、真鶴町の1市3町では、「神奈川県ごみ処理広域化計画」に基づく『ごみ処理広域化実施計画』の策定等に向け、平成18年度に「小田原市・足柄下地区ごみ処理広域化協議会」を設置し、ごみの広域的な処理(ごみ処理広域化)について検討を行っています。

※第3回小田原市・足柄下地区資源化検討会は、施設見学のため議事録はありません。

ごみ処理広域化の検討状況について

 平成21年6月には、それまでの検討報告として、ごみ処理広域化を進めていく上での考え方
や取り組みなどを示した「ごみ処理広域化の考え方」を公表しました。
 その後も「ごみ処理広域化の考え方」を軸に、ごみ処理広域化に向けた検討を継続していますが、
検討に時間のかかるものもあり、当初の計画通りに進まない可能性がでてまいりました。
 また、一方で、既存施設の老朽化も進んできています。
 そこで、今回、当初の「ごみ処理広域化の考え方」に生じた変更点や、当面のごみ処理体制につき、
「ごみ処理広域化の検討状況」としてまとめました。 
 今後は、将来的な広域化を見据えた中で、当面のごみ処理体制や目指す姿をまとめた「小田原市・
足柄下地区ごみ処理広域化実施計画」の策定を進めていきます。

 ごみ処理広域化の検討状況(平成25年11月公表)