はじめよう!適塩生活

 日頃の食事の中で、塩分を意識していますか?

 塩分は、人が生きるうえで必要な栄養素です。しかし、過剰に摂り過ぎることで、高血圧などを引き起こす原

因になります。

 神奈川県民健康栄養調査(平成29年~令和元年)結果では、平均食塩摂取量は、男性10.8g、女性9.2gです。

 生活習慣病予防のためには、1日食塩摂取量を、男性7.5g未満、女性6.5g未満が目標です。

 

                                                      <現状:平均食塩摂取量の状況※1>

     男性10.8g/日 女性9.2g/日 ※年齢区分によって違いあり 

 <目標量:成人※2>

   1日の食塩摂取量

                   男性7.5g未満 女性6.5g未満
         ※1(参考)神奈川県民健康栄養調査:平成29年~令和元年
         ※2(参考)日本人の食事摂取基準2020年
                  
                    

 

 町では、健康教室や減塩食の普及事業を通して、減塩に関する取り組みをしています。

 食事の偏りや乱れを少しずつでも改善し、それを習慣化することで、高血圧予防などに結びつけることが

できます。

 減塩は、将来の生活習慣病予防のために、子どもの頃から取り組むことが大切です。

  *減塩食の普及事業

    町では、集団健(検)康診査時を活用して減塩食の普及を行い、塩と血圧の関係や減塩のための材料の

   選び方、作り方、食べ方のポイント等についての知識の普及・啓発を行っています。

  健康教室の参加者などから、日頃、干物や塩さけなどの塩蔵食品を食べている話をお聞きして、塩分を

 控えるには、生のさけに自分で塩を振ることをおすすめしています(使った塩の量が分かるため)が、令

 和3年度は、塩さけを利用したレシピ作成をしました。また、焼いた塩さけを食べる際の調味料の使い方

 による摂取塩分量の違いについて普及・啓発を行いました。

 

   レシピについては、参考にしてください。

   ※医師などから食事指導がある方は、その指示に従ってください。

 塩さけのホイル焼き [225KB pdfファイル] 

 ◇塩さけのモッツァレラチーズ焼き [215KB pdfファイル] 

 ◇塩さけの和風ポテトサラダ [213KB pdfファイル] 

               ※(参照)日本食品標準成分表
               ※このレシピは、箱根町食育サポートメイト六彩会に協力をいただき作成