箱根町では、「環境先進観光地—箱根」を目指し、この実現のために、平成21年度に町長を本部長とする環境先進観光地推進本部を設置し、さまざまな取組みを行っています。このたび、「環境保全意識の醸成」を推進するために、「箱根町環境観光都市宣言」を制定しました。

宣言文

 わたしたちのまち箱根は、富士箱根伊豆国立公園内に位置し、富士を映す明鏡芦ノ湖、「天下の嶮(けん)」とうたわれる山なみ、豊かな温泉など、天与の自然資源に恵まれ、古くから観光のまちとして栄え、多くの人々から愛されています。

 箱根が豊かな自然による安らぎと潤いを与える国際観光地として持続的に発展していくために、住民、事業者、行政のみならず、観光客とも心をひとつにして、四季折々満喫できる美しく豊かな自然の環境、古くから宿場町、温泉場として栄えた歴史の環境、人々の心と体を癒す温泉をはじめとする癒しの環境、これらすべての環境を将来にわたって大切にしていかなければなりません。

 わたしたちは、地球規模での環境問題に対し、低炭素社会づくりへの貢献をしていくとともに、恵まれた自然の保護に努め、世界から目標とされる「環境先進観光地」を目指し、ここに宣言します。

一、 豊かな自然を大切にして、いつまでも残せるように努めます。
一、 ごみを減らし、リサイクルや省エネルギーを心がけます。
一、 山や湖、木々など自然とのふれあいを楽しめる観光を推進します。
一、 家庭や学校、職場、地域において環境について学び、考えます。
一、 環境に配慮して、エコドライブや公共交通機関の利用を心がけます。


 平成23年9月30日制定