電気自動車(箱根町公用車)

目次

箱根町長

私たちのまち箱根は、富士山を移す明鏡芦ノ湖や豊かな温泉、美しい山なみなど、豊かな自然と箱根関所をはじめとする歴史的文化遺産に恵まれた国際観光地です。

私たちのまち箱根は、国立公園であり、それはいうまでもなく国民全体のためのものであり、その資源は、未来の世代に確実に引き継ぐべき大切な資産でもあります。

21世紀は環境の時代といわれています。地球規模での環境問題が発生している中、私は「環境先進観光地—箱根」の基礎を築いてまいりたいと考えております。

清らかな水の流れ、おいしい空気、さわやかな風、これら緑豊かな自然環境を資源とした居心地の良い環境先進観光地を目指し、後世に伝えることが、大きな魅力となり、国際観光地箱根の発展の原動力になるものと信じております。皆さんも四季折々の箱根を感じにお越しください。

箱根町長 山口昇士

「環境先進観光地—箱根」について

目次へ

 ノーマイカー通勤デー

平成30年度「ストップ地球温暖化・箱根ノーマイカー通勤ウィーク」を実施します。

 

1 趣旨

 町では、平成21年度から「環境先進観光地-箱根」の実現に向け、各種施策を推進しています。ノーマイカー通勤についても平成22年度から趣旨に賛同していただいた町内事業所の協力を得て実施してきました。

 平成30年度は、6月「環境月間」と12月「地球温暖化防止月間」に町内事業所への通勤者が参加する地球温暖化対策として、「ストップ地球温暖化・箱根ノーマイカー通勤ウィーク」を実施します。

2 実施期間

(1)前期 平成30年6月5日(火曜日)から6月11日(月曜日)

(2)後期 平成30年12月4日(火曜日)から12月10日(月曜日)

3 参加対象

 「ストップ地球温暖化・箱根ノーマイカー通勤ウィーク」の趣旨に賛同する事業所を対象とします。

4 実施方法

(1)参加申込み

「ストップ温暖化・箱根ノーマイカー通勤ウィーク」への参加を予定する事業所は、「箱根ノーマイカー通勤ウィーク参加申込書」に必要事項を記入し、平成30年6月4日(月曜日)までに、Fax(0460-85-6814)またはE-mailにより、環境課へお申し込みください。

(2)ノーマイカー通勤の呼びかけ

「ストップ温暖化・箱根ノーマイカー通勤ウィーク」に参加する事業所は、以下の事由によりマイカー以外の交通手段による通勤が困難であるものを除いたマイカー通勤者に対し、実施期間中1日以上のノーマイカー通勤(公共交通機関、自動車の相乗り、徒歩、自転車等による通勤)の自主的な実施を呼びかけます。

  1. 健康上の理由
  2. 家庭の事情
  3. 代替えできる交通手段がない
  4. 業務上の都合

(3)実施結果の報告

参加事業所は、ノーマイカー通勤の実施状況をとりまとめ、「箱根ノーマイカー通勤ウィーク実施結果報告書」により、実施期間終了後10日以内に町環境課へ報告します。

(4)実施結果及び参加事業所の公表

町環境課は、参加事業所からの報告結果を取りまとめ、「参加事業所数、参加人数、推定CO2削減量等」を町のホームページで公表します。

また、実施結果報告書を提出した事業所のうち、「参加事業所」として事業所名の公表を希望する事業所については、町のホームページで公表します。

5 問合せ先

 ご不明な点がありましたら、箱根町環境先進観光地推進本部事務局(環境課環境政策係)までお問合せください。

6 申込書・報告書

目次へ

電気自動車の普及促進のために

地球温暖化の防止や化石燃料への依存を低減する手段として「移動手段のエコ化」を推進するために、町では電気自動車の普及促進に努めています。

電気自動車導入者等への優遇措置

電気自動車用急速充電器の設置

 電気自動車の利用を促進するために、町では充電インフラの整備を率先して進めています。その一環として、役場本庁舎とレイクアリーナ箱根の2ヶ所に電気自動車用急速充電器を設置しています。
 このうち本庁舎2基は、平成25年1月から有料化に向けて認証システムを導入し、実証実験を行ってきましたが、実証実験の結果を踏まえて平成27年4月1日(水曜日)より急速充電器を有料化します。
 役場本庁舎とレイクアリーナ箱根で有料化の方法が異なりますので、詳しくは、「電気自動車用急速充電器を有料化します」のページをご覧ください。
 平成25年6月7日(金曜日)より神奈川県において、「神奈川県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」に基づく充電インフラ整備のための確認受付が開始されました。詳しくは「神奈川県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」の確認の受付を開始します(神奈川県)のページをご覧ください。

充電インフラ情報はこちら

目次へ

箱根EVタウンプロジェクト

 箱根町では、観光振興と連携したEV(電気自動車)の利用拡大に取り組むことにより、EV普及の加速化を図るとともに、CO2削減による「環境先進観光地 箱根」の実現を目指しています。

箱根EVタウンプロジェクトについてはこちら

目次へ

パーク&サイクル

 パーク&サイクルは、箱根の交通・観光に携わる行政と民間等との協働で発足した「箱根スマイル2000万人プロジェクト」により、平成21年から本格的にスタートしました。
 マイカーを駐車(パーク)して、その場所から電動アシスト自転車(サイクル)に乗り換え、駐車場所を拠点とした観光地を自転車で周遊します。
 回遊性の向上により快適な旅を楽しめるだけでなく、渋滞する車も利用者の数だけ減るので、環境負荷の低減にもつながります。

パーク&サイクルについてはこちら

目次へ