創業の裾野を広げ、創業者を後押しするため、国の特定創業支援等事業を活用して登録免許税半額軽減を受けた方に対し、残りの半額相当額を支援します。

概要

町内において新規に会社設立を行う創業者に対し、会社設立にかかる登録免許税等の一部を補助します。

補助対象者

下記すべての項目に該当することが必要です。

  1. 事業を営んでいない個人又は開業届の提出日から5年を経過していない個人事業主。
  2. 箱根町から特定創業支援等事業による支援の証明を受けた方。
  3. 令和4年4月1日以降に、箱根町の特定創業支援等事業の証明書を活用し、登録免許税の半額軽減を受けて新たに会社を設立する方。
  4. 新たに設立する会社の本社が箱根町内の方。
  5. 新たに設立する会社以外に、経営に携わっている会社がない方。
  6. 暴力団または暴力団員と密接な関係を有する者でない方。
  7. 箱根町の町税及び延滞金等を滞納していない方。

補助対象経費及び補助限度額

会社を設立するために必要な登録免許税額(75,000円を限度)

  • 株式会社を設立する場合 75,000円
  • 合同会社、合名会社、合資会社を設立する場合 30,000円

補助回数の制限

同一申請者当たり1回

提出書類

下記の書類をそろえ、観光課産業振興係に提出してください。